今日のケラスターゼ (香りレシピ12/16)

Posted at 15/12/16

3日ほど続いた春のような陽気から一転、やっぱり冬だったんだ。と言う日になりました。
新潟の冬は、灰色の空と雪とみぞれ、そして寒さとの戦いです。
長い冬の始まりですかね。
12-16-1.jpg

<今日のケラスターゼはこちら>
12-16.jpg

左から バン・ デンシフィック(ボリュームの欲しい方用のシャンプー)
2番目 ソワン ド フォルス N(弱くなった髪を補修するトリートメント) 
3番目  ソワン オレオ リラックス(ツヤのある収まりの良い質感のオイルトリートメント)
4番目 ヘアデンシティープログラム(発毛に最強の味方!)

「香る髪のヘアレシピ」出来上がりました。
12-11.jpg
表紙と裏の一部修正中です。
年内に完成を目指して修正重ねています。
12-11-1.jpg
こちらでも、少しずつ紹介して行きます。

<髪のいい香りの作り方>
シャンプーは手のひらで泡立ててから髪に付けていきましょう。
洗顔フォームのように、もこもこに泡立てるのがベストです。(泡立てネットを使うと簡単です)
髪は水分を含むとキューティクルが開き膨張します。
そこへシャンプーの原液を付けると、髪の必要な成分が流れ出てしまい「うねり」や「パサつき」の原因になります。
泡にして洗うことでシャンプーの成分を少なくして刺激無く洗うことが出来ます。
「泡」は、汚れを吸収しやすいので、汚れをしっかり落とすことが出来るのです。

香りを残したいからってシャンプーを多く使うと頭皮に残りやすくなります。シャンプーが頭皮に残ってしまうと、雑菌が繁殖しイヤな匂いになります。
●1回目、適量を手に取り、手の平で泡立てます。(いきなり原液を付けないように)
※適量:ショートで100円玉、ロングは2~3倍
軽く洗って終わりです。(1回目は、余り泡立ちません)

●2回目のシャンプーも泡にして髪にまんべんなく付けて、きれいな泡で洗いましょう。
髪は、手の平、指の腹で円を書くように優しく洗います。
次に指をしっかり地肌に付け、地肌をマッサージするようにします。
指は、動かさずに同じ場所でマッサージして下さい。

●ケラスターゼをお使いの方は、泡を付けたまま1~2分ほど置いて下さい。
(有効成分を浸透させます)
※裏技:シャンプーパック
ここでタオルを巻いて5分ほど置くと毛穴のお掃除になります。
その際は、プレバシオンEXなどの、スキャルプシャンプーが良いでしょう。
つづく。

お問い合わせ
ガビーヘア 0250-62-1822
ガビーWEB SHOP 0250-63-0772
ガビーヘア「ケラスターゼ専門店」
育毛専門店ガビーヘア

月別アーカイブ